飲み水にヒ素が!バングラディシュに安全な水を届ける日本人!

日本では当たり前に安全な水が水道から出てきます。 飲む事はもちろん、料理に洗濯に、お風呂、トイレ…   しかし、世界には安全な水を利用できない人が...

日本では当たり前に安全な水が水道から出てきます。

水道水

飲む事はもちろん、料理に洗濯に、お風呂、トイレ…

 

しかし、世界には安全な水を利用できない人が沢山います。

その数なんと7億8,000万人!

 

そんな場所に日本人が安全な水を届けようと頑張っています!

 

スポンサードリンク

 

○水道は通っているけど、出てくる水は濁っていて水質も悪い…

○海水が混じるようになり、飲む事ができない…

世界では、このような日本では考えられないような水事情が起きています。

ヤバい水

中でも、バングラディシュでは井戸水に基準値を超えるヒ素が含まれていて

人々は頭を悩ませているという事なんです!

 

生きるためにはヒ素を含む水を飲むしかない…

バングラディシュは北海道の2倍くらいの大きさ、

日本のおよそ1/4ほどの大きさです。

ですが、人口は日本よりも多く1億3,000万人ほどなんです。

バングラディシュ人口密度

そんなに人口密度の高い国で、飲み水に不安を抱えているとは…。

しかも、アジアで最も貧しい国とも言われています。

 

そんなバングラディシュの多くの井戸水には“ヒ素”が含まれていて

多くの人々は安全な水を手に入れる事ができないのです。

この“ヒ素”、決して人工的な物ではなく、何らかの原因で

地層中にあった成分が地下水に溶け込んでしまったという事何です。

 

とはいえ“ヒ素”ですから、およそ体に良さそうな成分ではありませんね。

長年飲み続けていると胃腸炎、肝障害、心臓血管系循環障害、

最悪の場合は発ガンに至という事です。

 

しかし、そんな恐ろしい水でも、飲まざるをえないという人は多いとか。

ヒ素により体に悪影響が出て発病の危険性はあるものの、発病はずっと先、

しかし、水を飲まなければ直ちに“死”に繋がってしまうという状況なのです。

 

雨水の利用で、安全な水を!

そんなバングラディシュ、雨も多く東京よりも3割ほど多いという事です。

洪水も頻繁に起こってしまうような地域という事ですが、

『流せば洪水…。でも、溜めておけば資源となる!』

そう言って、元墨田区職員の「村瀬誠」さんが

雨水を利用する方法で、バングラディシュに安全な水を提供しています。

雨水タンク

容量約1,000リットルのタンク、それに雨水を溜めていきます。

価格は最貧困層でも買える値段です。

タンクは1基3,000タカ(1タカ=約1.1円)

取り付け・配送料を合わせても4,300タカと格安になっています。

現金が足りない場合は分割方式まであるそうです。

 

そうなんです、お金を取る事で、ボランティアではなく

ビジネスとしてやっていこうとしているのです。

なぜなら、利用者らが維持管理をする責任を持つためにやっているのだと言う事です。

 

 

日本ではペットボトルの水を買って飲む時代。

しかし、水ひとつをとっても、世界ではさまざまな問題を抱えている国があるんですね。

水に対する意識を高めて、節水に心がけたいですね。

 

PREV:ルーフェケって何?タコを使った謎の料理!トンガ王国の国民食とは?
NEXT:『ホルモン揚げ』と言う群馬のB級グルメ!でもホルモンは入ってない?
納豆のネバネバがキレイな水を作る!?ナニワのオヤジが世界を救う!

納豆のネバネバがキレイな水を作る!?ナニワのオヤジが世界を救う!

経済センサスの提出期限は?提出しないとどうなるの?

経済センサスの提出期限は?提出しないとどうなるの?

折りたたみできるビニール傘とは?機能性や耐久性、価格は?

折りたたみできるビニール傘とは?機能性や耐久性、価格は?

『経済センサス』って何?面倒なんで拒否ったらどうなる?

『経済センサス』って何?面倒なんで拒否ったらどうなる?

雨カッパの売れ行きが好調らしい!自転車の雨の日対策どうしてる?

雨カッパの売れ行きが好調らしい!自転車の雨の日対策どうしてる?

『巾着ナス』って?実はナスの栽培面積日本一の新潟県!幻の伝統ナスとは?

『巾着ナス』って?実はナスの栽培面積日本一の新潟県!幻の伝統ナスとは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master