謎の国「トルクメニスタン」“新”資源大国?その暮らしぶり

『トルクメニスタン』という国を知っていますか? 「初めて聞いた」っていう人も多いのではないでしょうか。 それもそのはず、最近まで“鎖国状態”がつづいて...

『トルクメニスタン』という国を知っていますか?

「初めて聞いた」っていう人も多いのではないでしょうか。

トルクメニスタン

それもそのはず、最近まで“鎖国状態”がつづいていて

ほとんどよその国のメディアが入っていない国だからなんです。

 

世界の「報道の自由度ランキング」ではワースト3位!

かなり謎の国となっていたのです。

 

そんな「トルクメニスタン」に10月6日の

「未来世紀ジパング」のカメラが特別許可を貰い潜入しています!

 

スポンサードリンク

 

“鎖国状態”の国と言うと、あまりいいイメージは無いですね…。

トルクメニスタンは、一体どんな国なんでしょうか?

 

トルクメニスタンという国

中央アジアに位置する共和制国家です。

トルクメニスタン地図

イラン、アフガニスタン、ウズベキスタンに囲まれています。

また、国のほとんど85%が砂漠なんです…。

そんな国で“鎖国状態”だと、かなり貧しい国?なんて思ってしまいましたが

実は、驚きの暮らしをしているのです。

 

トルクメニスタンの暮らしとは?

とある家、なんと敷地が400平米の豪邸!

通称『エリートハウス』と呼ばれているこの家、

なんと家も家具も大統領からのプレゼント!

 

マジか!

 

実は、子どもが8人以上いる家庭には

この『エリートハウス』が無料で提供されているという事なんです。

日本の総理大臣は国民の家計に苦しい事ばかりしてくれますが

このトルクメニスタンの大統領はなんて太っ腹なんでしょう!

 

しかも、太っ腹はまだまだ続きます!

トルクメニスタンでは、電気・ガス・水道が全て無料!

さらには医療費も学費も大学まで無料!

うらやましい限りですね…。

 

トルクメニスタンの“富”の源とは?

何ともうらやましい国なんですが“鎖国状態”で

一体何をしてこんなに裕福な国になったんでしょう?

 

それは『天然ガス』なんです。

トルクメニスタンガス田

2006年に発見されたばかりの

トルクメニスタン東部にあるガルキニシュガス田。

なんとその埋蔵量は世界で2番目の規模!

この『天然ガス』で「ガッチリ」儲けちゃっていたんです!

 

トルクメニスタンと日本との関係は?

こんなお金持ちの国とは、ぜひとも仲良くなっておいた方が良さそうですよね。

安心して下さい。

「日本製 = 性能が良い」というイメージは

トルクメニスタンでも浸透しているようです。

実際に一番人気の自動車メーカーは『トヨタ』

日本ブームが起こっているという情報も!

 

さらには、天然ガスの開発などで日本の企業が進出しているというのです。

 

このブームに乗って、日本も「ガッチリ」儲けてほしいですね。

 

 

PREV:本のお医者さん「ブックスドクター」とは?本ってどうやって修理するの?
NEXT:家族がインフルエンザにかかったら!?感染しないための注意点!
ユージの父がオバマ夫人のSPに?アメリカのSPの知られざる話…

ユージの父がオバマ夫人のSPに?アメリカのSPの知られざる話…

砂漠でトマト栽培?日本の技術が砂漠を救う!

砂漠でトマト栽培?日本の技術が砂漠を救う!

経済センサスの提出期限は?提出しないとどうなるの?

経済センサスの提出期限は?提出しないとどうなるの?

折りたたみできるビニール傘とは?機能性や耐久性、価格は?

折りたたみできるビニール傘とは?機能性や耐久性、価格は?

『経済センサス』って何?面倒なんで拒否ったらどうなる?

『経済センサス』って何?面倒なんで拒否ったらどうなる?

雨カッパの売れ行きが好調らしい!自転車の雨の日対策どうしてる?

雨カッパの売れ行きが好調らしい!自転車の雨の日対策どうしてる?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master