濡れた靴を早く乾かす裏技!梅雨時期に知っておきたい便利な裏技!

ジメジメした梅雨がやってきました…。 雨が続くと、洗濯物も外に干せないし 濡れてしまった靴の管理も大変です。 そんな『梅雨』時期に知っておくと便利な裏...

ジメジメした梅雨がやってきました…。

梅雨

雨が続くと、洗濯物も外に干せないし

濡れてしまった靴の管理も大変です。

そんな『梅雨』時期に知っておくと便利な裏技を紹介します!

 

スポンサードリンク

 

『梅雨』は大変ですよね。

洗濯物は外に干せない…。

湿気が多くてカビが心配…。

濡れた靴の管理が大変…。

などなど…、梅雨時期は余計な心配事が増えてしまいますよね。

 

そんな『梅雨』の時期に知っておくと便利な裏技があるので紹介します!

 

◆濡れた靴を置くだけ?

雨の日に履いていた靴は濡れてしまいますよね…。

さらに、梅雨の時期は雨続きで、なかなか外に干す事もできない…。

雨の日の靴

しかも、放っておいてしまうと、ニオイやカビの原因にも!

さらには靴箱の中にまで影響する事もあります。

 

そんな濡れてしまった靴を、手軽に簡単に乾かす方法があるのを知っていましたか?

 

新聞紙を丸めて靴の中に突っ込むという方法が

良く知られていますよね。

確かに効果的ですが、新聞紙を丸めたり、後でそれがゴミになったり…

なかなか面倒ですよね。

そこでオススメなのが『レンガ』です。

レンガ靴

実は素焼きのレンガはスゴイ吸水性があるんです!

なんとレンガ1こで牛乳瓶1本分の水分を吸ってくれるそうなんです。

なので、濡れた靴をレンガの上に置くだけでも

レンガが水分を吸収してくれるので、乾きやすいという事になります!

 

そして、素焼きのレンガは晴れた日に外でよく乾かせば何度でも使うことができます!

最近は可愛いレンガも多いので、玄関の足元のインテリアとして

ホームセンターで色々みてみるのも良いかもしれませんね♪

 

◆小物を速攻で乾燥させる方法

梅雨時期に気になるのが『洗濯物』です。

外に干せない日が多いので、ついつい溜めてしまう事も…。

いつもいつも乾燥機にかけるのも…。

 

そういう時に限って、

「くつ下がない!」「ハンカチがない!」

「下着がない!」「シャツがない!」

など、小物がまだ乾いていない時があります。

 

生乾きで着たりすると、ニオイの元になってしまいますが

そう簡単に乾く物でもないですよね。

 

そんな時に、超速攻で乾燥させる方法を紹介します!

 

準備する物はドライヤーとダンボールです。

ダンボールにドライヤーの口が入るくらいの穴を開け、

ダンボールの中に乾かしたい小物を入れます。

ダンボールを目張りした後、先ほど開けた穴からドライヤーの温風を送ります。

簡易のミニ乾燥機の完成です!

ダンボール

ずっと温風を送ると熱くなりすぎるので、30秒くらい温風を送って

30秒くらい冷ます、コレを2〜3回繰り返す事で

あっという間に乾かせる事ができます♪

 

急に必要になったのに、乾ききっていない時は便利ですよ♪

でも、洗い立てのビショビショの状態だと

コレでもなかなか乾かないので、半分くらいは乾いてからの方が良いですね。

あと、ダンボールもキレイな物を使わないと

ダンボールのニオイが着いてしまう事もあるので注意して下さい。

 

 

スポンサードリンク

 

 

いかがですか?

コレからの梅雨の時期は、やはり『雨』に悩まされる事が多くなります。

知っているのと知らないのでは、この季節ストレスの度合いも変わってきます。

便利な裏技で、少しでも快適な梅雨にしたいですね!

 

 

PREV:飽きっぽい人はハゲる?薄毛の人の悪い習慣!
NEXT:梅雨は子どもの『喘息(ぜんそく)』に気をつけろ!この時期に気をつけておきたい病気とは?
梅雨の『カビ』に要注意!健康をむしばむ『カビ』の知られざる恐怖の力!

梅雨の『カビ』に要注意!健康をむしばむ『カビ』の知られざる恐怖の力!

梅雨は子どもの『喘息(ぜんそく)』に気をつけろ!この時期に気をつけておきたい病気とは?

梅雨は子どもの『喘息(ぜんそく)』に気をつけろ!この時期に気をつけておきたい病気とは?

子どもが危ない!?リコーダーの中はカビだらけ?お手入れ方法は?

子どもが危ない!?リコーダーの中はカビだらけ?お手入れ方法は?

お風呂のカビの原因は天井?湿度の高い浴室のカビ対策!

お風呂のカビの原因は天井?湿度の高い浴室のカビ対策!

ワサビで冷蔵庫のカビを防ぐ?梅雨に気をつけたい冷蔵庫ケア!

ワサビで冷蔵庫のカビを防ぐ?梅雨に気をつけたい冷蔵庫ケア!

苦くないピーマン『こどもピーマン』とは?美味しく食べるレシピ

苦くないピーマン『こどもピーマン』とは?美味しく食べるレシピ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master