激辛料理を食べ過ぎていると『脳腫瘍』の危険が!味覚と脳の関係とは?

激から料理
辛いもの好きですか? 好きな人って、どんどんエスカレートしていきませんか?   「どんだけかけるんだ?」 っていうくらい、七味をかけたり カレーの辛...

辛いもの好きですか?

好きな人って、どんどんエスカレートしていきませんか?

 

「どんだけかけるんだ?」

っていうくらい、七味をかけたり

カレーの辛さレベルがどんどん上がっていったり…。

でも、実は『激辛』な料理を食べ過ぎていると

体にとても危険な事が起きているのです!

 

スポンサードリンク

 

暑い夏に辛い物を食べて、汗だく…

まぁ、たまにはそういうのも良いですが、

いつもいつも『激辛』な料理ばかり食べていると

大変な事になってしまいますよ!!

 

◆味覚障害が起きる?

味は舌にある『味蕾(みらい)』というもので感じているのです。

ですが、辛いものや、刺激のある物ばかり食べていると

その『味蕾(みらい)』が破壊されてしまうのです。

 

そうなると、味覚が衰えてしまうのですが、

それだけで終わらないのが恐ろしいのです…。

 

味覚が衰えても、そんなに自覚症状は無いのです。

むしろ「なんだか、最近物足りないな〜」

というようになって、さらに刺激を求めたり

濃い味付けを求めるようになってしまいます。

 

そうなれば、ますます味蕾(みらい)は破壊されるし

体にとっても良いとは思えませんよね!

 

さらに、微妙な味の差がわからないので、

味がおかしくなっている食品の判断が出来なくなってしまうために

『食中毒』のリスクも増えてしまうのです!

 

 

◆味覚と脳の関係とは?

『激辛』料理を食べると、直接『脳腫瘍』になるというわけではありませんが、

実は、その『脳腫瘍』の前兆を見逃してしまう恐れがあるのです!

 

味覚と脳とは、かなり密接な関係にあるのです。

普段、味覚に問題の無い人が、突然「味を感じなくなった!」

なんて症状が現れた場合、それは脳の病気が疑われるのです。

 

実際に、「味覚がおかしいので検査を受けたら脳疾患の異常が発見された」

という例もあるそうです。

 

しかし、元々味覚障害の人はこのサインに気がつく事が出来ないので

そのまま…なんて事になりかねないのです!

 

 

スポンサードリンク

 

辛いものは美味しいですが、度を過ぎてしまうと大変な事になってしまうんですね。

激辛好きもほどほどに…。

PREV:サッカーボール?羽の無い扇風機が今年は熱い!
NEXT:『テーブルマッピング』でサプライズプロポーズ!女性が喜ぶプロポーズとは?
お風呂のカビの原因は天井?湿度の高い浴室のカビ対策!

お風呂のカビの原因は天井?湿度の高い浴室のカビ対策!

ワサビで冷蔵庫のカビを防ぐ?梅雨に気をつけたい冷蔵庫ケア!

ワサビで冷蔵庫のカビを防ぐ?梅雨に気をつけたい冷蔵庫ケア!

苦くないピーマン『こどもピーマン』とは?美味しく食べるレシピ

苦くないピーマン『こどもピーマン』とは?美味しく食べるレシピ

ミョウガのぬか漬けで集中力アップ?効果と作り方とは?

ミョウガのぬか漬けで集中力アップ?効果と作り方とは?

カビには『お酢』!今すぐできる掃除のコツで梅雨前に家をピカピカに!

カビには『お酢』!今すぐできる掃除のコツで梅雨前に家をピカピカに!

Tレグ細胞とは?アレルギーに効果的なTレグ細胞を増やす食べ物って?

Tレグ細胞とは?アレルギーに効果的なTレグ細胞を増やす食べ物って?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master