リン酸塩って何?ハンバーグに入っている驚きの材料とは?

ハンバーグは好きですか? 「嫌いだ!」っていう人は少ないと思いますが、 家で作るとなると、意外と手間がかかるんですよね…。 ファミレスで食べたり、出来...

ハンバーグは好きですか?

「嫌いだ!」っていう人は少ないと思いますが、

家で作るとなると、意外と手間がかかるんですよね…。

ファミレスで食べたり、出来合いの物を買っているという人もいると思いますが、

実は、そういったハンバーグには普通では使わない『リン酸塩』という材料が入っているんです!

 

スポンサードリンク

 

 

 

◆ハンバーグに入っている『リン酸塩』って?

「リン酸塩」なんて聞くと、体にかなり悪そうなイメージがしてしまいますが、

様々な食品添加物として使用されているようです。

さらに、毒性がほとんど無いので、よく使われているようです。

 

性質としては、水を抱える事ができるようです。

つまり、安いハンバーグなどにはこのリン酸塩というのが入っているわけですが、

このリン酸塩が、水を抱え込んで膨らむのです。

ひき肉にこのリン酸塩と水を混ぜてこねると、膨らんでボリュームのかさましができるのです。

また、食感がプリプリしているので、ハンバーグに入っていても

あまりわからないという事もあるようです。

 

 

他にも、植物性タンパクという、小麦や大豆などを原料として

タンパク質を抽出した物も入っている物も多いようです。

総菜ハンバーグ

コレだと、食品添加物ではなく食品なので安心ですが、

肉よりも安いので、ハンバーグなどの混ぜ物にはよく入っているようです。

 

50%くらいは、業界では当たり前の分量で、

中には肉が20%くらいしか入っていないようなハンバーグまであるようです…。

 

しかし、植物性タンパクなど、肉以外の物が多いと

食感も悪く、味も薄まってしまうので、さらに様々な調味料などの添加物が入ってしまいます。

もしくは、ハンバーグのソースを濃い味にして、混ぜ物の味を隠しているようです。

 

やたらと安いハンバーグのソースが濃い味なのには、理由があったんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最近は食品偽装の問題などで、こういった食品も減ってきているのかと思っていましたが

やたらと安い物にはやはり裏があるんですね…。

たまに食べるくらいなら良いんですが、しょっちゅうとなると心配ですね。

 

昨日、食べた肉だと思っていた物も、もしかしたら…。

 

PREV:何気ない生活習慣で突然の『熱中症』に!意外なところの落とし穴!
NEXT:腸内ガスを減らす方法!おならの成分のほとんどは飲み込んだ空気?
昼食の前に昼休みをとると子どもの野菜嫌いがなくなる!?

昼食の前に昼休みをとると子どもの野菜嫌いがなくなる!?

女性が首をかしげるモテしぐさ!右と左で与える印象が違う?

女性が首をかしげるモテしぐさ!右と左で与える印象が違う?

アメリカNY、ラーメンの次は『うどん』がブーム?

アメリカNY、ラーメンの次は『うどん』がブーム?

カフェイン中毒死、労働環境はどうだったの?ただ自己管理が…

カフェイン中毒死、労働環境はどうだったの?ただ自己管理が…

パンダがゴロゴロしている理由?『大熊猫』って書くのはなぜ?

パンダがゴロゴロしている理由?『大熊猫』って書くのはなぜ?

江戸時代にクレーム・ブリュレ?豆腐で作るヘルシースイーツとは?

江戸時代にクレーム・ブリュレ?豆腐で作るヘルシースイーツとは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master