パンダは笹を食べるために指を進化させて7本もある!?

動物園の人気者『パンダ』 クマの仲間ですが、白と黒のツートンカラーと あのたれ目がかわいいですね。   そんなパンダですが、竹が好きなのは知られて...

動物園の人気者『パンダ』

クマの仲間ですが、白と黒のツートンカラーと

あのたれ目がかわいいですね。

 

そんなパンダですが、竹が好きなのは知られていますよね。

しかし、その竹好きは半端じゃないようですよ!

 

スポンサードリンク

 

パンダは竹が大好きです♪

なんと、春はタケノコ、夏は笹の葉、冬は竹の茎というように

一年中竹尽くしという、かなりの竹好きなんですね。

 

私も好きな物はありますが、一年中同じ物だとさすがに飽きちゃいそうですが…。

しかし、パンダは飽きません!

むしろ大好きな竹を食べるために手がスゴい進化をしているようです!

 

◆パンダが竹を掴める理由

パンダは大好きな竹を上手に前足で掴んで食べていますよね。

でも、よく考えてみて下さい!

サルや人間のような手をしているなら、竹を掴む事はできるでしょう。

 

しかし、パンダはクマの仲間です。

普通のクマの前足の構造では、物を掴むという事はできないのです。

クマの手

クマの前足は、5本の指が横に並んでいて

人間で言うと足の指のような感じです。

人間も足では物が掴めないように、この前足では竹を掴む事はできないでしょうね…。

 

でも、パンダは器用に掴んで食べています。

どうやって掴んでいるのでしょうか?

 

実は、パンダの前足には、人間の親指の位置に指があり

なんと6本目の指があるのです。

 

「偽の親指」「第六の指」などと呼ばれていて

竹を掴むために手首の骨の一部が長く伸びたのだそうです。

 

この第六の指を上手に使って竹を掴んでいたんですね!

 

◆実はもう一本、合計7本の指がある?

実は、最近の研究でさらにもう一本「第七の指」まで

隠し持っていたという事がわかってきたようです。

 

「第六の指」と言われていた、人間で言うと親指の位置にある指は

自由に動かす事はできなかったようです。

でも、自由に動かなくても器用に持っていたのにはヒミツがあったのです!

パンダの手

親指とは反対側の小指の外側にもう一つ指を持っていて

「第六の指」と「第七の指」の、二つの骨を使って支える事で

パンダは大好きな竹をしっかり掴んで食べる事ができていたんだそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

いかがですか?

かわいいパンダちゃんですが、指がなんと七本もあったなんでビックリしました!

指というよりも、竹を食べるために進化した骨という事ですから

「どんだけ竹好きなんだよ!」と思ってしまいますね。

 

PREV:『お守り』はどう扱うのが正しいの?今更聞けないお守りの扱い方!
NEXT:この夏『汗』をかかなかった人は秋汗がクサい?
昼食の前に昼休みをとると子どもの野菜嫌いがなくなる!?

昼食の前に昼休みをとると子どもの野菜嫌いがなくなる!?

女性が首をかしげるモテしぐさ!右と左で与える印象が違う?

女性が首をかしげるモテしぐさ!右と左で与える印象が違う?

アメリカNY、ラーメンの次は『うどん』がブーム?

アメリカNY、ラーメンの次は『うどん』がブーム?

カフェイン中毒死、労働環境はどうだったの?ただ自己管理が…

カフェイン中毒死、労働環境はどうだったの?ただ自己管理が…

パンダがゴロゴロしている理由?『大熊猫』って書くのはなぜ?

パンダがゴロゴロしている理由?『大熊猫』って書くのはなぜ?

江戸時代にクレーム・ブリュレ?豆腐で作るヘルシースイーツとは?

江戸時代にクレーム・ブリュレ?豆腐で作るヘルシースイーツとは?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Website Protected by Spam Master